logo.png

ニュース&トピックス  各種法令・制度・手続き  事例・統計情報  窓口案内
ホーム > 各種法令・制度・手続き > 安全衛生関係【安全課・健康課】 > 法令・制度 > 高気圧作業安全衛生規則が改正されます 【健康課】

関連リンク

Get ADOBE READER

サイト内のPDF文書をご覧になるにはAdobe Readerが必要です。

高気圧作業安全衛生規則が改正されます 【健康課】

                                                         平成27年1月

 

 厚生労働省では、高圧室内業務や潜水業務などにおける技術の進展や新たな減圧方法等に対応するため、高気圧安全衛生規則(以下「高圧則」と言います。)を改正します。

 

<主な改正内容>

 ○作業計画の作成及び記録の保存

 事業者は、あらかじめ高圧室内作業に関する作業計画を作成し、その計画に基づいて作業を行うとともに、その作業計画を労働者に周知します。

 また作業計画に定めた事項の作業の状況を記録して5年間保存します。

  ※作業計画で定める事項はパンフレットをご覧ください。

 

 

 

  

 

 ○呼吸用ガス分圧の制限

 酸素中毒、窒素中毒を防止するため酸素、窒素、二酸化炭素の分圧を以下の範囲内に収まるようにします。

  酸  素 : 18~160キロパスカル

       (気こう室において高圧室内作業者に減圧を行う場合等においては18~220キロパスカル)

  窒  素 : 400キロパスカル以下

  二酸化炭素: 0.5キロパスカル以下

 

 ○酸素ばく露量の制限

 高圧室内作業者や潜水作業者の酸素ばく露量を、「1日については600UPTD」「一週間については2500UPTD」を超えないようにします。

 

 ○減圧停止時間に関する規制の見直し

 高圧下の時間の制限等を規定している高圧則別表の減圧表を廃止し、代わりに事業者が設定した「減圧停止圧力」に対して「減圧停止時間」を計算式によって求めて設定することとします。

  ※計算式等は厚生労働大臣告示に規定します。

 

 

 

 

 

<施行期日>

  平成27年4月1日

 

<告示・通達>

○高気圧作業安全衛生規則第八条第二項等の規定に基づく厚生労働大臣が定める方法等(平成26年12月1日厚生労働省告示第457号)

 

○高気圧作業安全衛生規則の一部を改正する省令の施行等について(平成27年1月9日付け基発0109第2号)

 

<厚生労働省ホームページ>

○「改正高気圧作業安全衛生規則が施行されます」

 

<リーフレット>

          改正高気圧作業安全衛生規則が施行されますH2701.png  ○「改正高気圧作業安全衛生規則が施行されます」

 

 

   神奈川働き方改革  無期転換ルール.bmp  全国の最低賃金  セーフワーク  こころの耳

 

   公表制度.png  ユースエールバナー.png  ハローワークの求人票と違う!お申し出はこちら  雇用均等関係  医療 バナー.png

神奈川労働局

〒231-8434 横浜市中区北仲通5-57 横浜第二合同庁舎8階

Copyright(c)2000 Kanagawa Labor Bureau.All rights reserved.