logo.png

ニュース&トピックス  各種法令・制度・手続き  事例・統計情報  窓口案内
ホーム > 各種法令・制度・手続き > 安全衛生関係【安全課・健康課】 > 法令・制度 > 特定化学物質障害予防規則等が改正されました 【健康課】

関連リンク

Get ADOBE READER

サイト内のPDF文書をご覧になるにはAdobe Readerが必要です。

特定化学物質障害予防規則等が改正されました 【健康課】

                                           平成26年11月

 厚生労働省において、労働者に重い健康障害を及ぼすおそれのある化学物質についてリスク評価を実施し、以下の化学物質について必要な規制を実施します。

  (1) ジメチル-2,2-ジクロロビニルホスフェイト(DDVP)

  (2) 発がん性のおそれのある有機溶剤10物質(下記参照)  

クロロホルム・四塩化炭素・1,4-ジオキサン・1,2-ジクロロエタン・ジクロロメタン・スチレン・1,1,2,2-テトラクロロエタン・テトラクロロエチレン・トリクロロエチレン・メチルイソブチルケトン

 

 

 

   

(1)ジメチル-2,2-ジクロロビニルホスフェイト(DDVP)について

  表示対象物、特定化学物質の特定第2類物質に位置づけられるとともに、特別管理物質になりました。

 〔規制等の主な内容〕

  ○特定化学物質(第2類物質)に追加

   →作業主任者の選任、作業環境測定の実施、特殊健康診断の実施

     局所排気装置の設置、容器の使用、貯蔵場所への関係者以外立入禁止

     漏洩の防止、洗浄設備の設置、緊急時の医師による診察等、保護具の備付け

  ○名称等を表示すべき有害物として追加

  ○配置転換後の特殊健康診断を行うべき有害な業務に追加

  ○作業環境測定、健康診断、作業記録の30年保存

  ○規制対象業務は「成形・加工・包装の業務」に限定

  ○施行期日は平成26年11月1日施行(但し一部の規定について経過措置あり)

 

(2)発がん性のおそれのある有機溶剤10物質について

  従来の有機溶剤の中の位置づけから、発がん性を踏まえて特定化学物質の「特別有機溶剤」の中に位置づけられるともに、特別管理物質になりました。

 〔規制等の主な内容〕

  ○特定化学物質(第2類物質)に追加

   →作業主任者の選任、作業環境測定の実施、特殊健康診断の実施

     容器の使用、有機則に準じた措置等の義務付け、緊急時の医師による診察等

  ○ジクロロメタンについて配置転換後の特殊健康診断を行うべき有害な業務に追加

  ○作業主任者は、有機溶剤作業主任者技能講習修了者から選任

  ○作業環境測定、健康診断、作業記録の30年保存

  ○規制対象業務は「有機溶剤業務」に限定

  ○施行期日は平成26年11月1日施行(但し一部の規定について経過措置あり)

 〔留意事項〕

・特定化学物質に追加されることにより有機溶剤予防規則の対象物質から削除されますが、準用規定により有機溶剤予防規則が一部引き続き適用されます。

・「特別有機溶剤」には、上記有機溶剤10物質のほかにエチルベンゼン、ジクロロプロパンが分類されます。

 

  改正条文等については厚生労働省のホームページを参照下さい。(クリックしてください)

   →厚生労働省の平成26年11月の特化則の改正関係のホームページ

 

  パンフレットはこちら(クリックして下さい)

   →特定化学物質障害予防規則等を改正しました

 

   神奈川働き方改革  無期転換ルール.bmp  全国の最低賃金  セーフワーク  こころの耳

 

   公表制度.png  ユースエールバナー.png  ハローワークの求人票と違う!お申し出はこちら  雇用均等関係  医療 バナー.png

神奈川労働局

〒231-8434 横浜市中区北仲通5-57 横浜第二合同庁舎8階

Copyright(c)2000 Kanagawa Labor Bureau.All rights reserved.