Get ADOBE READER

サイト内のPDF文書をご覧になるにはAdobe Readerが必要です。

解雇事由の就業規則への記載例とその解説(平成16年1月1日から改正)
平成16年1月5日更新
 常時10人以上の労働者を使用している事業場では、就業規則を作成し、これを所轄労働基準監督署長に届け出なければなりません(労働基準法第89条)。変更した場合も同様です。ここでいう「常時10人以上」とは、正社員のほか、パート、アルバイト等を含み、常態として何人使用(雇用)しているかという意味です。これは、企業全体ではなく、事業場単位で見るものです。
平成16年1月1日から施行された改正労働基準法においては、就業規則への「解雇事由」の記載が義務付けられました。また、裁判例でも就業規則に定められていない理由による解雇は無効とされる場合がほとんどです。
 労使当事者間において、どういう場合に解雇されるかをわかりやすくするため(解雇についての事前の予測可能性を高めるため)、就業規則に「退職に関する事項」として「解雇の事由」を記載する必要があることが、法律上明確にされたものです。
 既に作成している就業規則に、「退職に関する事項」として「解雇の事由」を記載していない場合には、「解雇の事由」を記載した上で、改めて、労働基準監督署へ届け出なければなりません。
 ここでは解雇と懲戒の規定例と、なぜそのような規定が必要かの解説をします。

就業規則における解雇に係る規定のモデル(モデル就業規則から抜粋)
目   次
解雇規定 解雇規定の解説
懲戒規定 懲戒規定の解説
解雇が禁止されている場合 解雇理由証明書モデル様式

  1. (普通解雇)
    第○○条
    1. 従業員が次のいずれかに該当するときは、解雇することができる。
      1. 勤務成績又は業務能率が著しく不良で、向上の見込みがなく、他の職務にも転換できない等、就業に適さないと認められたとき
      2. 勤務状況が著しく不良で、改善の見込みがなく、従業員としての職責を果たし得ないと認められたとき
      3. 業務上の負傷又は疾病による療養の開始後3年を経過しても当該負傷又は疾病がなおらない場合であって、従業員が傷病補償年金を受けているとき又は受けることとなったとき(会社が打ち切り補償を支払ったときを含む。)
      4. 精神又は身体の障害については、適正な雇用管理を行い、雇用の継続に配慮してもなおその障害により業務に耐えられないと認められたとき
      5. 試用期間中又は試用期間満了時までに従業員として不適格であると認められたとき
      6. 第◎◎条に定める懲戒解雇事由に該当する事実があると認められたき
      7. 事業の運営上のやむを得ない事情又は天災事変その他これに準ずるやむを得ない事情により、事業の継続が困難となったとき
      8. 事業の運営上のやむを得ない事情又は天災事変その他これに準ずるやむを得ない事情により、事業の縮小・転換又は部門の閉鎖等を行う必要が生じ、他の職務に転換させることが困難なとき
      9. その他前各号に準ずるやむを得ない事情があったとき
    2. 前項の規定により従業員を解雇する場合は、少なくとも30日前に予告をするか又は予告に代えて平均賃金の30日分以上の解雇予告手当を支払う。ただし、労働基準監督署長の認定を受けて第51条に定める懲戒解雇をする場合及び次の各号のいずれかに該当する従業員を解雇する場合は、この限りでない。
      1. 日々雇い入れられる従業員(1か月を超えて引き続き雇用される者を除く。)
      2. 2か月以内の期間を定めて使用する従業員(その期間を超えて引き続き雇用される者を除く。)
      3. 試用期間中の従業員(14日を超えて引き続き雇用される者を除く。)
    3. 第1項の規定による従業員の解雇に際し、当該従業員から請求のあった場合は、解雇の理由を記載した証明書を交付する。
  2. (懲戒の事由)
    第◎◎条
    1. 従業員が次のいずれかに該当するときは、情状に応じ、けん責、減給又は出勤停止とする。(次のいずれか 略)
    2. 従業員が次のいずれかに該当するときは、懲戒解雇とする。この場合において、行政官庁の認定を受けたときは、労働基準法第20条に規定する予告手当は支給しない。ただし、平素の服務態度その他情状によっては、第○○条に定める普通解雇又は減給若しくは出勤停止とすることがある。
      1. 重要な経歴を詐称して雇用されたとき
      2. 正当な理由なく無断欠勤○日以上に及び、出勤の督促に応じなかったとき
      3. 正当な理由なく無断でしばしば遅刻、早退又は欠勤を繰り返し、○回にわたって注意を受けても改めなかったとき
      4. 正当な理由なく、しばしば業務上の指示・命令に従わなかったとき
      5. 故意又は重大な過失により会社に重大な損害を与えたとき
      6. 会社内において刑法その他刑罰法規の各規定に違反する行為を行い、その犯罪事実が明らかとなったとき(当該行為が軽微な違反である場合を除く。)
      7. 素行不良で著しく会社内の秩序又は風紀を乱したとき
      8. 数回にわたり懲戒を受けたにもかかわらず、なお、勤務態度等に関し、改善の見込みがないと認められたとき
      9. 相手方の望まない性的言動により、円滑な職務遂行を妨げたり、職場の環境を悪化させ、又はその性的言動に対する相手方の対応によって、一定の不利益を与えるような行為を行ったとき
      10. 許可なく職務以外の目的で会社の施設、物品等を使用したとき
      11. 職務上の地位を利用して私利を図り、又は取引先等より不当な金品を受け、若しくは求め、又は供応を受けたとき
      12. 私生活上の非違行為や会社に対する誹謗中傷等によって会社の名誉信用を傷つけ、業務に重大な悪影響を及ぼすような行為があったとき
      13. 会社の業務上重要な秘密を外部に漏洩して会社に損害を与え、又は業務の正常な運営を阻害したとき
      14. その他前各号に準ずる程度の不適切な行為があったとき
    3. 第2項の規定による従業員の懲戒解雇に際し、当該従業員から請求のあった場合は、懲戒解雇の理由を記載した証明書を交付する。
解説
  1. 解雇の事由について
    1. 本条第1項は、就業規則に定められる解雇の事由についての規定です。
       就業規則における解雇の事由については、平成16年1月1日から施行される改正労働基準法において、労働基準法第89条第3号に定める「退職に関する事項」には、「解雇の事由」が含まれることが明らかにされたところです。
       労働基準法第89条第3号は、就業規則の作成に際し、必ず記載することが必要な事項を規定したものですから、同号に含まれる解雇の事由については、必ず就業規則に規定することが必要です。
    2. 解雇の事由について、その事由ごとに大別すると、一般的には、
      1. 労働者の労務提供の不能、労働能力又は適格性の欠如・喪失によるもの(本条第1項1から5まで)
      2. 労働者の規律違反の行為によるもの(本条第1項6)
      3. 経営上の必要性によるもの(本条第1項7及び8)
      に分けられ、本条においては、この分類に沿った具体的な規定例を掲げていますので、各事業場において、解雇の事由を定める際の参考としてください。
    3. 上記2の2の労働者の規律違反の行為による解雇の事由については、本条第1項6においては、「第◎◎条に定める懲戒解雇の事由に該当する事実があると認められたとき」としていますが、これらの事由を必ずしも懲戒解雇の事由としなければならないものではなく、各事業場の実情に応じて、普通解雇の事由としてのみに規定することも差し支えありません。
    4. 本条第1項5については、試用期間中の労働契約は、解約権留保付労働契約であって、最高裁判決において、「このような留保解約権に基づく解雇は通常の解雇よりも広い範囲で解雇の自由が認められてしかるべき」と判示(三菱樹脂事件 最高裁大法廷判決 昭和48年)されていることにかんがみて、この規定を設けているものですが、試用期間を設けるか否か、また、試用期間中の労働契約をどのような契約内容とするかは、各事業場の実情に応じて定められるものであり、必ずしも5のような規定を設けなくとも差し支えありません。
    5. 本条第1項9については、いわゆる包括条項と呼ばれる規定で、就業規則を作成する時点では想定できないような事情であって、かつ、他の事由との比較衡量からして、解雇に処することが必要である場合が発生する可能性があることを想定して規定しているものです。
       解雇に至るまでの事情は千差万別であり、それらをすべて網羅的に規定することは困難であるため、解雇の事由の中にこのような包括条項の規定を置くことはやむを得ないことではありますが、解雇に際しての労使間のトラブルを防止する観点からは、他の解雇の事由をできる限り明確かつ網羅的に規定し、包括条項が適用される範囲をより限定することが適当です。
    6. なお、労働基準法第89条には、就業規則に規定する解雇の事由の内容について、特段の制限はありませんが、改正労働基準法において、「解雇は、客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合には、その権利を濫用したものとして、無効とする」(労働基準法第18条の2)こととされたところです。
       また、労働基準法をはじめとした各法律(下記参照)においては、以下に掲げる場合の解雇が禁止されていますので、就業規則に解雇の事由を定めるに当たっては、これらの法律の規定に抵触しないものとすることが必要となります。
  2. 解雇が禁止されている場合
    1. 労働者の国籍、信条、社会的身分を理由とする解雇(労働基準法第3条)
    2. 労働者の業務上の負傷、疾病による休業期間とその後30日間及び産前産後の休業の期間(産前6週間(多胎妊娠の場合は14週間)以内又は産後8週間以内の女性が休業する期間)とその後30日間の解雇(労働基準法第19条)
    3. 労働者が労働基準監督機関に申告したことを理由とする解雇(労働基準法第104条、労働安全衛生法第97条)
    4. 労働者が女性であること、女性従業員が結婚、妊娠、出産し、又は産前産後の休業をしたことを理由とする解雇、労働者の募集、採用、配置、昇進、教育訓練、福利厚生、定年、退職及び解雇にかかる男女の均等な機会及び待遇の確保にかかる労使の紛争について都道府県労働局長に援助をもとめたこと又は労働者の配置、昇進、教育訓練、福利厚生、定年、退職及び解雇にかかる男女の均等な機会及び待遇の確保にかかる労使の紛争について都道府県労働局長に調停の申請をしたことを理由とする解雇(男女雇用機会均等法第8条、第13条2項、第14条2項)
    5. 労働者が育児休業及び介護休業の申出をしたこと、又は育児休業及び介護休業をしたことを理由とする解雇(育児・介護休業法第10条及び第16条)
    6. 労働者が労働組合の組合員であること、労働組合に加入し、又は加入しようとしたこと、労働組合の正当な行為をしたこと等を理由とする解雇(労働組合法第7条)    等
      • 注1) 2においては、天災事変その他やむを得ない事由によって事業の継続が不可能となったときで事前に労働基準監督署長の認定を受けた場合、又は業務上の事由による負傷、疾病の従業員が療養開始後3年を経過した日において傷病補償年金を受けている場合(又はその日以降、同年金を受けることになった場合)については、解雇の制限がありません。
      • 注2) これらの法律については、2及び4の一部を除いて、解雇のみならず、これらを理由とする不利益取扱いも禁止されています
    7. 労働者を解雇するときは、原則として少なくとも30日前に予告をするか、又は平均賃金の30日分以上の解雇予告手当を支払うことが必要です。ただし、解雇予告の日数は、平均賃金を支払った日数だけ短縮することができます。
    8. 改正労働基準法においては、労働者を解雇する場合に、解雇予告の日から当該解雇による退職の日までに、解雇を予告された労働者から解雇の理由を記載した証明書の交付を請求された場合は、遅滞なく、当該解雇の理由を記載した証明書の交付をしなければならないこととなりました(労働基準法第22条第2項)。
       解雇理由証明書の交付については、「解雇理由証明書」のモデル様式が示されていますので参考にしてください。
       また、解雇後に、解雇された労働者から解雇の理由を記載した証明書の交付を請求された場合についても、遅滞なく、当該解雇の理由を記載した証明書の交付をしなければならないことは従来と変わりがありません(労働基準法第22条第1項)。
       証明書の交付については、退職事由に係る「退職証明書」のモデル様式が示されていますが、これは解雇の場合にも共通して使えるようになっていますので、参考にするとよいでしょう。
    9. 障害者の雇用については、「すべて事業主は、障害者の雇用に関し、社会連帯の理念に基づき、障害者である労働者が有為な職業人として自立しようとする努力に対して協力する責務を有するものであって、その有する能力を正当に評価し、適当な雇用の安定を図るように努めなければならない(障害者の雇用の促進に関する法律第2条の4)」こととされています。
       また、同法により定められた障害者雇用対策基本方針においては、事業主が、障害者の障害の種類及び程度を踏まえ、配慮すべき事項が示されていますので、解雇については、これらの法律等の趣旨を踏まえた対応を前提として検討してください。
  3. 懲戒の事由について
    1. 本条は、懲戒の事由を二つに分け、第1項において、「けん責、減給、出勤停止」とする場合の事由を、第2項において、「懲戒解雇」とする場合の事由を定めています。
    2. 懲戒処分については、労働基準法第89条第9号により、「制裁の定めをする場合においては、その種類および程度に関する事項」を定めていない場合には、同条違反となります。
       また、最高裁判決(国鉄札幌運転区事件昭和54年10月 最高裁第3小法廷判決)において、懲戒処分について、使用者は規則や指示・命令に違反する労働者に対しては、「規則の定めるところ」により懲戒処分をなし得ると述べられていることから、就業規則に定めのない事由による懲戒処分は、懲戒権の濫用と判断されることになります。
       なお、懲戒の事由の内容については、労働基準法上では、特段の制限はありませんが、当該懲戒の事由に合理性がない場合には、当該事由に基づいた懲戒処分は、懲戒権の濫用と判断されることになるものと考えられます。
    3. 懲戒処分の種類については、けん責等の本条第1項及び第2項に掲げる処分の種類に限定されるものではなく、事業場の都合に応じて公序良俗に反しない範囲でその種類を定めることが可能ですが、
      1. 減給処分については、就業規則で、減給の制裁を定める場合において、その減給は、1回の額が平均賃金の1日分の半額を超え、総額が一賃金支払期における賃金の総額の10分の1を超えてはならないこととされている(労働基準法第91条)ほか、
      2. 懲戒解雇については、「解雇は、客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合は、その権利を濫用したものとして、無効とする」(労働基準法第18条の2)
      こととされています。
    4. 懲戒の対象者に対しては、規律違反の程度に応じて過去の同種の事例における処分の程度等を考慮して公正な処分を行うことが必要となります。裁判においては、使用者の行った懲戒が公正な処分でないと認められる場合には、当該懲戒処分について、懲戒権の濫用として、無効と判断されています。
       また、懲戒規定が設けられる以前の行為に対してさかのぼって懲戒処分をすることや、1回の懲戒事由に該当する行為に対して2回の懲戒処分を行うことは、できないとされています。
    5. 懲戒解雇の事由について、事由ごとに大別すると、一般的には、
      1. 経歴詐称(本条第2項1)
      2. 職務懈怠(本条第2項2及び3)
      3. 業務命令違背(本条第2項4)
      4. 業務妨害(本条第2項5)
      5. 職場規律違反(本条第2項5から12まで)
      6. 私生活上の非行等(本条第2項12)
      7. 誠実義務違反(本条第2項13)
      に分けられ、本条においては、この分類に沿った具体的な規定例を掲げていますので、各事業場において、懲戒解雇の事由を定める際の参考としてください。
    6. 本条第2項14については、いわゆる包括条項と呼ばれる規定で、就業規則を作成する時点では想定できないような事情であって、かつ、他の事由との比較衡量からして、懲戒解雇に処することが必要である場合が発生する可能性があることを想定して規定しているものです。
       懲戒解雇処分に至るまでの事情は千差万別であり、それらをすべて網羅的に規定することは困難であるため、懲戒解雇の事由の中にこのような包括条項の規定を置くことはやむを得ないことではありますが、懲戒解雇に際しての労使間のトラブルを防止する観点からは、他の懲戒解雇の事由をできる限り明確かつ網羅的に規定し、包括条項が適用される範囲をより限定することが適当です。
    7. 改正労働基準法においては、従業員を解雇する場合、解雇予告の日から当該解雇による退職の日までに、解雇を予告された従業員から解雇の理由を記載した証明書の交付を請求された場合は、遅滞なく、当該解雇の理由を記載した証明書の交付をしなければならないこととなりました(労働基準法第22条2項)。
       また、解雇後に、解雇された従業員から解雇の理由を記載した証明書の交付を請求された場合についても、遅滞なく、当該解雇の理由等を記載した証明書の交付をしなければならないことは従来と変わりがありません(労働基準法第22条第1項)。

解雇理由証明書(モデル様式)

解 雇 理 由 証 明 書

          殿

 当社が、   年   月   日付けであなたに予告した解雇については、
以下の理由によるものであることを証明します。

                             年   月   日
                  事業主氏名又は名称
                  使用者職氏名
[解雇理由]※1,2

 1 天災その他やむを得ない理由(具体的には、
          によって当社の事業の継続が不可能となったこと。)による解雇

 2 事業縮小等当社の都合(具体的には、当社が、
                                 となったこと。)による解雇

 3 職務命令に対する重大な違反行為(具体的には、あなたが
                                   したこと。)による解雇

 4 業務について不正な行為(具体的には、あなたが
                                   したこと。)による解雇

 5 勤務態度又は勤務成績が不良であること(具体的には、あなたが
                                   したこと。)による解雇

 6 その他(具体的には、
                                         )による解雇

※1 該当するものに○を付け、具体的な理由等を(  )の中に記入すること。
※2 就業規則の作成を義務付けられている事業場においては、上記解雇理由
  の記載例にかかわらず、当該就業規則に記載された解雇の事由のうち、該当
  するものを記載すること。


このページのトップに戻る

                         職場応援.gif  最低賃金  若者応援  セーフワーク    中小企業を経営されている方へ

 

神奈川労働局

〒231-8434 横浜市中区北仲通5-57 横浜第二合同庁舎8階

Copyright(c)2000-2011 Kanagawa Labor Bureau.All rights reserved.