logo.png

ニュース&トピックス  各種法令・制度・手続き  事例・統計情報  窓口案内
ホーム > 各種法令・制度・手続き > 労働保険関係【労働保険徴収課】 > 手続き > 労働保険年度更新特集~平成28年度の申告・納付は6月1日から7月11日まで~【労働保険徴収課】

関連リンク

Get ADOBE READER

サイト内のPDF文書をご覧になるにはAdobe Readerが必要です。

労働保険年度更新特集~平成28年度の申告・納付は6月1日から7月11日まで~【労働保険徴収課】

ポスター.jpg労働保険の年度更新申告書の受付が始まりました。

 平成28年度労働保険(労災保険・雇用保険)の確定・概算申告と保険料等の納付はお早めに。

 申告・納付期間は、

  6月1日(水)~7月11日(月)

です。 

 労災保険と併せて石綿健康被害救済のための一般拠出金も申告・納付となります。    

 

 今年度より申告書に「法人番号」の記入が必要となります。  

 

 〇労働保険年度更新に係るお知らせ(厚生労働省ホームページ)

 

 〇労働保険関係各種様式(厚生労働省ホームページ)

  ・確定保険料・一般拠出金算定基礎賃金集計表(273KB; MS-Excelファイル)

  ・確定保険料・一般拠出金算定基礎賃金集計表(雇用保険用)(80KB; MS-Excelファイル)   

 

◆申告書の書き方については、コールセンター0120‐949‐732(5/25~7/19、月~金、9時~17時) へお問い合わせください。

◆申告書等の内容について、委託事業者「伊藤喜ベストメイツ株式会社」から問い合わせさせていただくことがありますので、 ご了承ください。

◆申告書等の提出について、委託事業者「株式会社バックスグループ」から電話による問い合わせ及び現地確認をさせていただく場合がありますので、ご了承ください。 

 

労働保険の年度更新

 労働保険の保険料は、その年度における申告の際に概算で申告・納付し、翌年度の申告の際に確定申告の上、精算することとしており、事業主の皆様には、前年度の確定保険料と当年度の概算保険料を併せて申告・納付していただくことになります。

  

労働保険料の延納

 概算保険料額が40万円(労災保険又は雇用保険のどちらか一方の保険関係のみ成立している場合は20万円)以上の場合は、3回に分けて納付(延納)することができます。

 

 納期(平成28年度)

全期・第1期 

第2期 

 第3期

 口座振替を利用しない場合

 7月11日

10月31日 

 1月31日

 口座振替納付日

 9月6日

11月14日 

 2月14日

 

 第2期、第3期の納付書は各納付期限の概ね10日前に発送いたします。

 納付を怠った場合、延滞金が徴収されます(年率9.1%。ただし、初めの2ヶ月間は、延滞金軽減法の適用年率で計算されます。)。  

 

電子申請

 電子申請を利用することにより、労働基準監督署、労働局または金融機関の窓口へ出向くことなく、夜間、休日でも手続ができます。

 また、「アクセスコード」(年度更新申告書のあて先労働局名の右隣に印字されている8桁の英数字)を使用すると、年度更新申告書にあらかじめ印字されている内容と同じ項目(保険料率等)を電子申請様式に取り込むことができます。 

 〇電子申請のご案内(厚生労働省ホームページ「労働保険関係手続きの電子申請について」) 

 〇電子申請利用マニュアル(厚生労働省ホームページ「e-Gov電子申請利用マニュアルの紹介」)

 ・労働保険年度更新電子申請操作マニュアル(平成27年4月1日Ver.1.3)(7878KB; PDFファイル)

 〇厚生労働省からのご案内(電子政府の総合窓口e-Gov「e-gov電子申請システムのお知らせ」)

     神奈川働き方改革 全国の最低賃金 セーフワーク 2つの給付金 若者応援宣言企業 ハローワークの求人票と違う!お申し出はこちら   雇用均等関係

神奈川労働局

〒231-8434 横浜市中区北仲通5-57 横浜第二合同庁舎8階

Copyright(c)2000 Kanagawa Labor Bureau.All rights reserved.