logo.png

ニュース&トピックス  各種法令・制度・手続き  事例・統計情報  窓口案内 
ホーム > 事例・統計情報 > 最低賃金の計算例【賃金室】

関連リンク

Get ADOBE READER

サイト内のPDF文書をご覧になるにはAdobe Readerが必要です。

最低賃金の計算例【賃金室】

 
                                                                                                            

計算例
 以下のような計算式を用いて比較します。
  月給額×12か月÷年間総所定労働時間  ≧  最低賃金額

 

神奈川県最低賃金が適用される労働者Aさんの場合、
 平成28
年10月1日以降、神奈川県最低賃金は、時間額930円です。
 Aさんの労働条件は、下記の(1)(2)(3)とします。


(1)年間所定労働日数    255日
(2)月給            180,000円
   月給の内訳は基本給 145,000円、精皆勤手当10,000円、
    家族手当10,000円、通勤手当15,000円
(3)所定労働時間       毎日8時間

 まず、月給180,000円から最低賃金の対象とならない精皆勤手当,家族手当,

通勤手当を除くと、月給額は145,000円になります。
 ここで、
   年間総所定労働時間=年間所定労働日数255日×8時間=2,040時間
 上の計算式に当てはめると、
   月給額145,000円×12か月÷2,040時間≒852.9円 <930円

 したがって、この場合は最低賃金を満たしていないことになります。

     

神奈川労働局 労働基準部 賃金室  TEL 045--211-7354
このページのトップに戻る

     神奈川働き方改革 全国の最低賃金 セーフワーク 2つの給付金 ユースエールバナー.png ハローワークの求人票と違う!お申し出はこちら   雇用均等関係

神奈川労働局

〒231-8434 横浜市中区北仲通5-57 横浜第二合同庁舎8階

Copyright(c)2000 Kanagawa Labor Bureau.All rights reserved.